<<         ...         ... >>

             【     北野天満宮・もみじ苑     】


d0099420_20392736.jpg




  ≪  御土居の紅葉  ≫
北野天満宮の境内西側には、天正19年(1591)豊臣秀吉が
洛中洛外の境界また、水防のために築いた土塁「御土居」の
一部が残り史跡に指定されている。

秋の紅葉は菅公がこよなく愛でられた梅と同様に御縁の樹木で、
御土居一帯にはおよそ250本、樹齢350年から400年のものが
数本あり、菅公の御神徳を偲ぶかのごとく鮮やかに彩られる。
また、御土居にはかつて紙漉き場であった紙屋川が流れており、
赤や黄に見事に染まった木々が紙屋川の水面に映え渡り
錦秋の世界へ誘う。

d0099420_20465866.jpg




d0099420_20483644.jpg

     「 鶯橋 」
命名は文字通り季節にはこのあたりを鶯が囀ることに由来する。
昭和8年、現在の位置より少し上流に架けられたが、昭和10年の豪雨で流出、
その親柱のみが現在の場所あたりに流れ着いた。
平成19年11月、史跡・御土居の紅葉苑開苑に際し、木製太鼓橋として
再建されたものである。



d0099420_2103360.jpg



d0099420_2145655.jpg




天満宮境内の銀杏が見事でした。
d0099420_217198.jpg





d0099420_2194831.jpgd0099420_21101839.jpg
[PR]
by shelly80 | 2008-11-21 21:11 | 京都
<<         ...         ... >>