<<         ...         ... >>

               【     コンサートを終えて       】


          《   ある肖像   》
                         村松 英子  詩
     -----私は知っている
     緑色の眼をした仔狐よ
     おまえは ずっと昔
     古びた館に住んでいた
     
     サテンの花や
     兎の舌が好物の
     贅沢ないきもの

     どうしておまえは憎んだのか 自然を
     太陽がのぼってまた沈む
     そんなことにさえ我慢できなかったおまえ

     あけぼのの雲をみても
     おまえは愛さなかった
     自分のかげだけしか
     房々した尾のゆれる その姿しか
     そうして ときどき叫び出した
     “あのひとの死にざまは すばらしい”と

     -----私はもう おまえに飽きているのだけれど
     おまえの臆病な眼の中の
     そのみどりの炎が
     忘れさせる

     私に ことばを
     もう あの古びた館におかえり という・・・・

       
        村松英子の初期の詩集「ひとつの魔法」の中の三篇に
         三善 晃が曲をつけたこの曲集「三つの夜想」の中の 一つです。

     若い詩人の初々しくも硬い自我の殻の中に純潔な情感の光と
     翳がただよい溢れ、それが澪漂のように私に「三つの抒情」を
     振り返らせた。
     秋の気配のする高原の夜、ピアノに宿るその想いを音にし、
     「三つの夜想」とした。
                        ・・・・三善  晃

     
      今や全日本の合唱界をリードされ、全国で d0099420_1748097.jpg
      活躍されていらっしゃる藤井 宏樹先生の
      指揮に皆のめりこみ、 情感あふれる木下 
      亜子先生のピアノの調べにのって、気持ち
      よくこの曲集「三つの夜想」を歌うことができ
      て幸せを感じています。
     

     
     
   
[PR]
by shelly80 | 2009-04-20 10:27 | その他
<<         ...         ... >>