<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

             【     カンムリヅル?が飛来しました。      】


d0099420_1738226.jpg



d0099420_1749553.jpg



 冠鶴が来ていると聞き訪ねてみました。
動物園にしかいないはずの冠の見事な鶴です。

 「ホオジロカンムリヅル」
頬白冠鶴、Balearica regulorum 
鳥綱ツル目ツル科カンムリヅル属に分類される鳥。

全長100cm。額の部分にビロード状の密生した羽毛、頭頂に
麦わらを束ねたような冠羽を持つ(これが名前の由来)。
頚部の羽毛は明るい灰色で、英名の由来になっていると思われる。
和名の通り、頬の部分は白い。しかし繁殖期になるとこの白い
部分も赤く染まる。
カンムルヅル属の別種カンムリヅルとは、
あまり形態に差が無いことから亜種とする説もある。

名前の通り見事な冠
d0099420_17573665.jpg



あまり人を怖がる様子もなくしゃがみこんでしまいました。
d0099420_17585735.jpg



d0099420_1805889.jpg



一声啼いて
d0099420_1823928.jpg



d0099420_1832627.jpg



d0099420_1852764.jpg



d0099420_1863337.jpg

飛んで行きました。

アフリカ東南部に分布している留鳥のホオジロカンムリヅルが
「アフリカから飛来してくるのは不可能に近く、日本の自然界で見られるのは
非常に珍しい。
九割九分の確率で、飼われていた鳥が逃げ出したものと考えられる」という。
[PR]
by shelly80 | 2009-01-29 18:18 |

             【     ナベヅルが飛来しました。      】


鹿児島県や山口県にやって来る渡り鳥・「ナベヅル」が滋賀にやってきたと聞き
急いで出かけました。2羽の若鳥を連れて11羽がやってきていました。
d0099420_21214073.jpg



d0099420_21234525.jpg

頭の茶色いのが若鳥です。



d0099420_21261420.jpg



d0099420_21275669.jpg

一日に何度か田んぼの落ち穂を拾いに来ているようです。




志那町には昨日は3羽しか「コハクチョウ」がいませんでした。
昨年は20羽ぐらい飛んできたようですが。
d0099420_21332144.jpg



鴨たちとの餌の争奪戦でハクチョウは完全に負けています。
d0099420_21493530.jpg



d0099420_2215120.jpg



d0099420_2245685.jpg



「オナガガモ」と「ヒドリガモ」
d0099420_21513122.jpg



  「キンクロハジロ」と「ホシハジロ」
d0099420_21531620.jpg



d0099420_2154398.jpg

[PR]
by shelly80 | 2009-01-21 22:07 |

             【    春を待つ花たち     】


d0099420_15104277.jpg



d0099420_15112963.jpg



d0099420_15121100.jpg



みつまたの蕾はまだ硬く・・・。
d0099420_15124729.jpg



d0099420_15153854.jpg



d0099420_15155825.jpg



d0099420_15171489.jpg



d0099420_151858100.jpg



d0099420_15194061.jpg



「十月桜」はひっそりと。
d0099420_15204980.jpg



d0099420_15231434.jpg



d0099420_15264986.jpg



d0099420_15272477.jpg



ユリカモメたちが北へ帰るころ春が訪れるでしょう!
[PR]
by shelly80 | 2009-01-15 15:33 |

             【     冬鳥を探して     】


d0099420_2241117.jpg



d0099420_22502836.jpg


1月の京都植物園は花もしばらくお休み。
夜に積もった雪が葉ボタンに少し残り、溶けかかった
露が綺麗でした。
今日は探鳥会の方々と冬鳥を探して歩きました。

「アオジ」が近くに止まっていました。
枯れ葉の上では目立ちませんが、木の枝にじっとしていました。
d0099420_22525176.jpg



「アトリ」でしょうか?
d0099420_22572114.jpg



「イカル」は集団で杜仲の木(杜仲茶はこの木の皮を乾燥させたもの)に止まっていました。
d0099420_22582938.jpg



「ビンズイ」は教えてもらわないとなかなかわかりにくいですね。
d0099420_2364096.jpg



「蝋梅」はちょっと遅めかな。
d0099420_2383283.jpg



「ルリビタキ」のメス・優しい目が可愛いですね。
d0099420_2310459.jpg



「翡翠」も出てくれました。
d0099420_23124894.jpg



「百舌」
捕らえた獲物を木の枝等に突き刺し(早贄)たり、木の枝股に挟む習性があります。
d0099420_23153115.jpg



賀茂川には「ヒドリガモ」の群れが飛んできました。
d0099420_2324486.jpg



「オナガガモ」
d0099420_23272623.jpg



「イソシギ」
d0099420_23283962.jpg



「小鴨」たちも餌を探していました。
d0099420_23301888.jpg





寒の一日、予想に反して暖かい日差しの中      d0099420_23365544.jpg
沢山の鳥たちに会えました。



折しも今日は「女子の都道府県j対抗駅伝」
見事、京都が中学生の双子姉妹の頑張りで
追いすがる岡山をかわしV5を達成しました。
若い力はすごい!!
[PR]
by shelly80 | 2009-01-11 23:37 |

             【     京の正月ぶらり歩き    】


今年は「晴明神社」から「首途八幡宮」、西陣・大黒町を通って上七軒をぶらり
散策してきました。


       ≪ 晴明神社 ≫

d0099420_11303739.jpg


d0099420_11313429.jpg


     ***************         
陰明師ブームですっかり有名になった神社。
この神社は、元は、御所を守る役目があったため、御所の東北にあります。
昔の御所は、現在よりずっと西にありました。
陰明師安倍晴明は、狐の子、と言われていますが、
神秘的な魔力を持っていたためにそう思われていたのでしょう。
付近はお土産屋が立ち並び、ひっきりなしに観光客が訪れています。
     ***************
d0099420_1138995.jpgd0099420_11382760.jpg











           「晴明井」 洛中名水の一つ、取水口が恵方(今年は巳?)を向いている



       ≪ 首途八幡宮 ≫    
d0099420_11492539.jpg


     ***************
見逃してしまいそうな小さなお社は、源義経が旅の安全を祈願したと伝わる八幡さん。
そんな出発の意味から、“首途(かどで)”八幡宮と呼ばれるようになったそうです。
八幡神のお使いであるハトをモチーフにした可愛いお守りをどうぞ。
     ***************



d0099420_1157331.jpg





     ***大黒町界隈***

d0099420_1158155.jpg



JR東海のポスターで有名に。
d0099420_11593642.jpg



d0099420_1224308.jpg



d0099420_12262851.jpgd0099420_12264597.jpg












d0099420_12303360.jpgd0099420_12305067.jpg













       ≪ 千本釈迦堂 ≫

d0099420_1234098.jpg

大根炊でにぎわうここ釈迦堂も今は訪ねる人もまばらです。

  「おかめさん」                         「布袋さん」
d0099420_1238108.jpgd0099420_12382810.jpg













d0099420_12403411.jpg



d0099420_124198.jpg




       ≪ 北野天満宮 ≫

d0099420_124221.jpg

学問の神様・さすがにお参りの人で賑わっています。


喫茶でちょっとコーヒータイム          粋なうちわが並んでいます
d0099420_16213284.jpgd0099420_16215460.jpg











     女性はやはり覗きたくなります
d0099420_12523017.jpgd0099420_12525229.jpg
                         








             パスケース・印鑑ケース・眼鏡ケース・・どれにしようかな??



d0099420_12585860.jpgd0099420_12591264.jpg











d0099420_1302821.jpg



d0099420_1305077.jpg



d0099420_1311398.jpg



いつもながらどのお店もゆっくり覗きたい        d0099420_1344839.jpg
ところばかりで、時間があっという間に
経ってしまいます。

京都らしさもだんだん無くなってしまうのが
寂しいことですが。
先日、「題名のない音楽会」で常磐津と
ブルーマンのCollaborationをやっていました。
和太鼓とかもこの頃は海外で活躍しています。
京都・西陣もこれから「洋」を受け入れつつ外に
向かって「伝統」をアピールしていかねばならないでしょうね。
[PR]
by shelly80 | 2009-01-05 13:05 | 京都