<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

                【     写真展のご案内       】


       ≪     ネパール写真展     ≫
 
  ☆ 5月1日~15日
  ☆ カメラのキタムラ大久保店・ミニギャラリー


   昨年12月「ネパール旅行」した仲間の写真・水墨画の作品展です。
   おついでの折にお立ち寄り頂ければ幸いです。


d0099420_9432617.jpg


     仏陀の目が四方から世界を見渡す「スワヤンブナート寺院」の恐れ多い金剛杵の上に
     猿が無邪気にのっていました。      Y.M


d0099420_9531869.jpg


     「ヒマラヤ遊覧飛行機」より「エヴェレスト」を望む。      T.M



  ***************************

     15日(金)、無事作品展を展終了いたしました。
     たくさんの方々にお越しいただき一同感謝しております。
     これからも一層精進してまいりたいと思っておりますので
     今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
     
     旅行仲間が集まり懐かしい思い出話や、
     次の旅への思いなど語りあって楽しいひと時でした。
     皆さん元気でまたご一緒できますよう!

[PR]
by shelly80 | 2009-04-30 09:57 | その他

                        【     平等院の藤      】


d0099420_22521134.jpg



d0099420_22525924.jpg



d0099420_2253223.jpg




      宇治の名木百選に選ばれている平等院の藤も樹齢200年、
      近年かなり弱ってきましたが、今年は花芽の間引きをしたので
      綺麗な花が付いたそうです。


d0099420_2259078.jpg



d0099420_2258336.jpg



d0099420_2322511.jpg



d0099420_2323740.jpg



     
[PR]
by shelly80 | 2009-04-29 23:02 | 京都

                  【     春の汀の鳥たち      】


d0099420_21434029.jpg

          「ユリカモメ」はほとんどが夏の顔に・・・。

d0099420_21501223.jpg





d0099420_21444628.jpg

          「ハマシギ」の群れ

d0099420_2145332.jpg






     「セグロカモメ」
d0099420_21463194.jpg



  「コアジサシ」                                        「チュウシャクシギ」
d0099420_2151178.jpgd0099420_21514019.jpg











       「カルガモ」のペア
d0099420_2155282.jpg



       「カルガモ」と「アオアシシギ」
d0099420_21555460.jpg



       皆、忙しそうに餌を探しています。
d0099420_21572931.jpg



       「ソリハシシギ」も走っています。
d0099420_2205354.jpg



       可愛い顔の「コチドリ」もいます。
d0099420_2244751.jpg



d0099420_228099.jpg


      北へ旅立ちの刻がもうすぐやってきます。
[PR]
by shelly80 | 2009-04-27 22:12 |

                           【     新緑の候      】


d0099420_104743.jpg



d0099420_1061437.jpg



d0099420_1071510.jpg



    宇治川畔も新緑に包まれ今一番心地よい季節です。
    「モミジ」 「楠木」「「銀杏」の新芽が目に沁みます。
d0099420_10115729.jpg



d0099420_1014226.jpg




       恵心院も初夏の花が咲いてきました
d0099420_10172835.jpg


                            「タツナミソウ」
d0099420_10193519.jpgd0099420_1020624.jpg












「シライトソウ」                                            「オダマキ」
d0099420_10225010.jpgd0099420_10231552.jpg











「丁字草」                                               「牡丹」
d0099420_10264124.jpgd0099420_1027399.jpg
[PR]
by shelly80 | 2009-04-25 10:28 | 季節

             【     「鑑真和上展」へ      】


d0099420_2248348.jpg



   新緑の奈良公園を歩いて奈良国立博物館で開催されている
   「鑑真和上展」へ行ってきました。
   鑑真和上が創建した唐招提寺の数々の文化財が展示されています。

   戒律を日本に伝えるため、最初に来日を志してから約12年、その間、
   5度にわたる渡航の失敗を経験し、さまざまな苦難(嵐の中漂流し、
   高弟を失いなお自らも失明)を乗り越え、仏教伝道のため来日を目指した
   鑑真の強い意思は、現代の我々にも深い感銘を与えてくれます。

   天平の甍として知られる金堂(国宝)は、平成12年以来、足かけ10年に
   わたって解体修理がおこなわれてきましたが、その修理が本年(平成21年)
   秋に完了し、新しい姿でお披露目されます。
   これを記念しての今回の展覧会です。

   鑑真和上の像をはじめとして奈良時代の「舎利塔」「梵天立像」「帝釈天像」それに
   「持国天」「増長天」「広目天」「多聞天」の四天王などの国宝がずらりと並んでいました。
   重文の「東征伝絵巻」はわかりやすく鑑真の渡航の様子が描かれています。
   創建当初の鴟尾には感服しました。
   それに
   東山魁夷画伯の御影堂障壁画・「濤声」12面、「山雲」4面、墨一色で描いた
   「黄山暁雲」4面、「揚州薫風」4面、「桂林月宵」4面はまさに圧巻でした。
   
   連休前、来場者も少なくゆっくり天平の時代に思いを馳せながら文化遺産を
   じっくり拝見できました。
   今日は爽やかな風が心地よく奈良公園を歩き春日大社・春日大社神苑へ。
   残念ながら藤の花はまだこれからでした。

d0099420_23411268.jpg



d0099420_23414936.jpg



d0099420_23422640.jpg




                      ≪   春日大社神苑   ≫


           「九尺」
d0099420_2343452.jpg



     「黒龍」
d0099420_23433863.jpg



     「本紅」
d0099420_922375.jpg


     「岡山一歳」
d0099420_2345158.jpg


     「八重黒龍」
d0099420_23453281.jpg



d0099420_23451299.jpg



     「麝香藤」
d0099420_9382622.jpg



      万葉植物園では「御衣黄」が見ごろでした。
d0099420_23503886.jpg


     「黄椿・クリサンタ」
d0099420_9312259.jpg



     「ツボスミレ」
d0099420_9323830.jpg
 


     「春蘭」
d0099420_934384.jpg



          「菖蒲・アヤメ」
d0099420_9351136.jpg



    
d0099420_2351963.jpg



   
 
[PR]
by shelly80 | 2009-04-22 23:54 | 奈良

               【     コンサートを終えて       】


          《   ある肖像   》
                         村松 英子  詩
     -----私は知っている
     緑色の眼をした仔狐よ
     おまえは ずっと昔
     古びた館に住んでいた
     
     サテンの花や
     兎の舌が好物の
     贅沢ないきもの

     どうしておまえは憎んだのか 自然を
     太陽がのぼってまた沈む
     そんなことにさえ我慢できなかったおまえ

     あけぼのの雲をみても
     おまえは愛さなかった
     自分のかげだけしか
     房々した尾のゆれる その姿しか
     そうして ときどき叫び出した
     “あのひとの死にざまは すばらしい”と

     -----私はもう おまえに飽きているのだけれど
     おまえの臆病な眼の中の
     そのみどりの炎が
     忘れさせる

     私に ことばを
     もう あの古びた館におかえり という・・・・

       
        村松英子の初期の詩集「ひとつの魔法」の中の三篇に
         三善 晃が曲をつけたこの曲集「三つの夜想」の中の 一つです。

     若い詩人の初々しくも硬い自我の殻の中に純潔な情感の光と
     翳がただよい溢れ、それが澪漂のように私に「三つの抒情」を
     振り返らせた。
     秋の気配のする高原の夜、ピアノに宿るその想いを音にし、
     「三つの夜想」とした。
                        ・・・・三善  晃

     
      今や全日本の合唱界をリードされ、全国で d0099420_1748097.jpg
      活躍されていらっしゃる藤井 宏樹先生の
      指揮に皆のめりこみ、 情感あふれる木下 
      亜子先生のピアノの調べにのって、気持ち
      よくこの曲集「三つの夜想」を歌うことができ
      て幸せを感じています。
     

     
     
   
[PR]
by shelly80 | 2009-04-20 10:27 | その他

                 【     春深し     】


  観光客や「連雀」たちを追いかけていたカメラマンでごったがえしていた土手も
  長い間楽しませてくれた桜も散り、連休前ひっそりと静かな佇まいに戻りました。

d0099420_1148272.jpg



d0099420_11501964.jpg




d0099420_11492413.jpg




d0099420_1153951.jpg




d0099420_11534283.jpg




d0099420_11545461.jpg



d0099420_11555285.jpg




d0099420_11552352.jpg





   平等院の藤が咲き始め、朝日山・槇ノ尾山もまもなく新緑の衣に変わります。  
     


  
[PR]
by shelly80 | 2009-04-18 12:12 | 季節

                         【     ネモフィラ     】


d0099420_1658146.jpg



d0099420_16583935.jpg



d0099420_165988.jpg



d0099420_171611.jpg



d0099420_1712533.jpg



d0099420_1715486.jpg



      
   「ネモフィラ」はハゼリソウ科・ネモフィラ属に分類される植物の総称。
   またはルリカラクサ(瑠璃唐草)のこと。
   4月から5月に開花。花径2cmくらいで、白に空色または青紫色の
   深い覆輪で、中心部に黒い点が5つある。白色花もある。
   属名は「林を愛する」の意味で、 茂みの中の明るい日だまりに
   自生していることによる。
                      *****Wikipediaより*****

   植物園では花壇の縁どりとかによく植えられています。
[PR]
by shelly80 | 2009-04-15 17:12 | 花おりおり

                    【     名残り桜     】


d0099420_16475341.jpg



d0099420_16483838.jpg




   京都植物園の桜林の八重紅枝垂もほぼ満開を過ぎ花見客もかなり少なくなっています。
   北門側の桜見本園の山桜・里桜はまだこれからの花もあって楽しませてくれました。
   「手弱女(たおやめ)」「祇王寺祇女桜」など花の名前にも風情が感じられます。

     「祇王寺祇女桜」
d0099420_1784425.jpg



     「梅護寺数珠掛桜」
d0099420_17134546.jpg



     「鬱金」
d0099420_1717297.jpg



     「関山」
d0099420_17181981.jpg



     「鞍馬関山」
d0099420_17201390.jpg



     「福禄寿」
d0099420_17215335.jpg




     「大島桜」
d0099420_1724154.jpg



     「大原渚桜」
d0099420_1730446.jpg



     「泰山府君」
d0099420_17304445.jpg



     「手弱女」
d0099420_17355311.jpg





d0099420_17324155.jpg



    山桜・里桜は名前も風情があり、花も優しくしとやかで優美な印象を与えてくれます。
    
[PR]
by shelly80 | 2009-04-14 17:38 |

                 【   紅花常盤満作   】


d0099420_22573868.jpg



d0099420_2258065.jpg



d0099420_22582350.jpg



d0099420_22585233.jpg



d0099420_22593112.jpg



d0099420_22595598.jpg



     ≪紅花常盤満作≫は2月から3月に咲く黄色の「マンサク」とは色も全く
     違い、咲く時期も異なるので最初は「マンサク?」とは気づきませんでした。
     「常盤満作」の変種らしい。
     リボン状の花弁は面白く印象的です。
     
[PR]
by shelly80 | 2009-04-13 23:09 | 花おりおり