【 全国ネット初デビュー 】

d0099420_11113772.jpg


       めったに会えない孫が「おかあさんといっしょ」に初デビュー!
       40度からの発熱中にもかかわらず、本番元気いっぱい頑張りました。
       収録後の帰りの電車ではぐったりと聞くと、じじばばはウルウルです。
       梅雨のジメジメの中、爽やかな元気をありがとう!!   
[PR]
# by shelly80 | 2010-07-10 11:19 | その他

                        【  2010.7月  】

d0099420_8413229.jpg

[PR]
# by shelly80 | 2010-07-01 08:41 | Calendar

                           【 三光鳥に再び 】

d0099420_1083617.jpg


d0099420_109968.jpg

       水色のアイリングと嘴がはっきり写せました。

d0099420_1094294.jpg


d0099420_1010319.jpg


d0099420_1011657.jpg




d0099420_20303962.jpg


       口の中は何と緑色です。
d0099420_2031766.jpg

[PR]
# by shelly80 | 2010-06-21 21:56 |

                            【 6月の山の鳥・その2 】

d0099420_10571077.jpg

          「サンショウクイ」
       スズメ目サンショウクイ科 全長20cm
       夏鳥として本州以南の低山帯で繁殖する。大きな木の落葉広葉樹林が必要。
       琉球諸島に留鳥の亜種リュウキュウサンショウクイがいる。
       
       飛ぶと翼に白い帯が見えるセキレイに似た体形だが、高いところを飛び、
       体を立てて止まるところが違う。



          「三光鳥」
d0099420_1118643.jpg

d0099420_11194761.jpg

       
       スズメ目カササギヒタキ科
       ♂44.5cm   頭から胸にかけてと脇(わき)が紫色がかった黒色である。
       体より長い尾も黒色。背面はアズキ色がかった紫色で下面は白い。
       目の周囲と嘴はよく目立つコバルトブルー。尾羽は8月には抜ける。
       『 ツキヒホシホイホイホイ 』とさえずる。
       サンコウチョウの名前は、 (月日星の三つの光) この鳴き声が由来。

       ♀17.5cm
       尾が短く、全体的に色が淡い。背から尾にかけて茶褐色。アイリングは雄よりも細い。

       独特の鳴き声が聞こえてきたと思ったら、薄暗い杉林の中に突然現れ、
       長い尾をゆらゆらさせながら飛んで行きました。
       めったにお目にかかれない鳥、優雅な飛姿にうっとり見とれてしまいました。
       

       別の場所で♀が目の前をあっという間に通り過ぎシルエットのみ。
d0099420_11241257.jpg

              
[PR]
# by shelly80 | 2010-06-19 11:30 |

                        【 6月の山で出会った鳥たち 】

d0099420_22314137.jpg

            「オオルリ」
d0099420_22332689.jpg

       口いっぱいに餌を加えて、子育て中の雄と雌
d0099420_22345514.jpg


            「ゴジュウカラ」の子ども
d0099420_22411898.jpg

d0099420_22414856.jpg

d0099420_22421258.jpg

       残念ながら餌やりは樹の蔭に・・・。
d0099420_22433773.jpg

d0099420_2244766.jpg


            珍しい「アオゲラ」に初めて会えました!!
d0099420_22471636.jpg

d0099420_22474178.jpg

d0099420_22484537.jpg


       街中は30度を超えて真夏の暑さですが、山の中はさすがに25・6度でしょうか?
       時折谷間を吹き抜ける風が心地よく綺麗な鳥の声が爽やかさを運んでくれました。
       耳を澄ますと「アカショウビン」らしき声も・・・。
[PR]
# by shelly80 | 2010-06-17 22:53 |

                                【 隼・餌場 】

d0099420_1036515.jpg

       朝ごはんですよ! 早く、早く、お腹すいたよ~!

d0099420_10372691.jpg

       いつまでも世話が焼けるね~、自分でお食べよ!!

d0099420_1039848.jpg

       ごちそうさま、おいしかったよ!!

d0099420_1040253.jpg

       まあ、しょうがないね、ゆっくりいただくわ!

d0099420_10405655.jpg

       まだ俺の分は残ってたかな? と最後にお父さんがやってきました。
[PR]
# by shelly80 | 2010-06-15 10:43 |

                                【 6月の山で出会った花 】

d0099420_2352255.jpg

       めったに会えない花、「大山蓮華」が咲いていました。モクレン科
       うつむき加減に下向きに咲き、「森の貴婦人」の異名も持つように、美しく、気品があります。
       日本人好みの花らしく、盗掘が多く、また、鹿の食害などから、自生は減少しています。
d0099420_2385958.jpg

d0099420_2392536.jpg


           「ユリノキ(百合の樹)」モクレン科
d0099420_23163966.jpg

       チューリップに似ていることから tulip treeとも呼ばれる。
        高さ20~30mにもなる。
d0099420_23184266.jpg

d0099420_23192026.jpg
 

           「ホウノキ」 これもモクレン科 
d0099420_23235488.jpg


           「サンショウバラ」
d0099420_23272275.jpg


           あちこちに咲いてる小さな白い花はほとんど「ウツギ」
d0099420_23291455.jpg




     
[PR]
# by shelly80 | 2010-06-12 23:31 |

                               【 キビタキ 】

d0099420_22154423.jpg

d0099420_22213031.jpg

               「 キビタキ 」
       スズメ目 ヒタキ科
       サハリンから日本列島全土と中国のごく一部の地域で繁殖し、冬期は東南アジアへ
       渡り越冬する。日本では夏鳥として全国の山間部で見られる。       
       全長13~14cm。雄は頭部から背面にかけて黒く、眉斑、腹部と腰は黄色。
       翼に白い斑がある。喉は、やや澄色がかっている。
                                       Wikipediaより

       朽木の山を歩いていると「ヒツヒツ クリリツ」と綺麗なよく通る囀りが聞こえてきて
       目の前の枝に留ってくれました。          
       「ピッコロ、ピッコロ、オーシツクツク、ホイヒーロ」など啼き声も様々のようです。

d0099420_22294990.jpg

d0099420_22301290.jpg

d0099420_22304846.jpg

       京都市内は32・5度まで気温が上がったようでしたが山は木陰は爽やかで
       木陰を涼しい風が吹き抜けてくれました。
[PR]
# by shelly80 | 2010-06-10 22:32 |

                             【 青葉の中をハイキング 】

d0099420_1329585.jpg

        JR嵯峨野線・保津川駅出発!!
        落合→清滝→高雄までおよそ7キロをハイキングしました。
d0099420_13352026.jpg

                                  道路わきにある柱状節理


d0099420_13354366.jpg

        「落合橋」の側にある芭蕉句碑
        「清滝や 波に散り込む 青松葉」     芭蕉最後の句といわれている。


d0099420_1343922.jpg

        落合から下に降り、清滝川の川沿いを進むと
        「ジャケツイバラ」の花が咲いていました。
d0099420_13444665.jpg

        「ヤマアジサイ」もひっそりと。
d0099420_13471372.jpg

        青い苔に滴る水が涼しさを運んでくれ、 川辺では「カジカ」の声が爽やかです。
d0099420_1349124.jpg

        青葉が目に優しく心地よく 足取りも軽やかです。
d0099420_13495829.jpg

        ここにも芭蕉の句碑が。
d0099420_1352585.jpg

        これは与謝野晶子の歌碑
           「 ほととぎす 嵯峨へは一里 京へ三里 
                      水の清滝  夜の明けやすき 」 (歌集:みだれ髪より)
d0099420_1353727.jpg

        渡猿橋の下に二つの碑があります。      
d0099420_1413710.jpg

        「ユキノシタ」の可憐な花の群生。
d0099420_1353443.jpg

        そうこうしているうちに清滝・「金鈴橋」着。
d0099420_1423192.jpg

d0099420_1481670.jpg


        清滝から1.6キロのところで昼食。
d0099420_149331.jpg

                            高雄までは2.2キロ。  さあ、もうひと踏ん張りです。

d0099420_14124110.jpg

        高い岩場には「セッコク」の花が・・・。
        「オオルリ」が飛んで行きました。

        高雄に着きました(^^)/
d0099420_14152894.jpg

d0099420_14161270.jpg


        残念ながら少しの鳥しか出会えませんでしたが               ニホンカワトンボ d0099420_1131135.jpg  
        爽やかな緑の中、4時間半ほどハイキングを
        楽しみました。

        
                  
[PR]
# by shelly80 | 2010-06-07 14:25 | 京都

                             【 笹百合 】

d0099420_2262811.jpg

d0099420_22724100.jpg

d0099420_22104699.jpg

d0099420_22111367.jpg

         古事記によるとササユリの古名を「さゐ」といい、三輪山山麓には沢山のササユリが
         咲き誇っていたと記されています。
         しかし近年は乱獲、環境の変化により激減しています。
         ここ大神神社では環境に適合する種子からの育成栽培により花を咲かせています。
         今年はいま、数輪が咲き始めたところでした。

      「三枝祭」  
         奈良市最古の神社とされる率川神社で毎年六月十七日に例祭の三枝祭が執り行われます。
         そして、この祭典は罇・缶と呼ばれる酒樽を笹百合で飾って神前にお供えするため
         「ゆりまつり」の名でも親しまれています。
         ご祭神の「媛蹈韛五十鈴姫命」が三輪山の麓、笹百合が美しく咲き誇る狭井川のほとりに
         お住まいだった故事により、姫神様に慶んでいただく為に御神花「ささゆり」を本社より
         率川神社へお届けする「ささゆり奉献神事」という神事が平成19年より行われています。


d0099420_22241658.jpg

d0099420_22243788.jpg

        


d0099420_22271397.jpg

d0099420_22272999.jpg

[PR]
# by shelly80 | 2010-06-04 22:28 |